So-net無料ブログ作成

多門櫓修復見学

福岡城の一番奥にある国指定重要文化財の修復工事の現場を見に行きました。福岡市の福岡城への寄付を少ししていたのでご案内を頂きました。お城大好きにとってはなかなか見れないチャンス。江戸時代の建物ですが、地下水の影響で地盤沈下のため数十年に一度は修理が行われるそうです。大型重機が入れられないので工事も大変のようでした。江戸時代の瓦から今回の改修用の瓦まで並べられていましたが先人の知恵と技術はすごい!偶然如水庵の副社長も参加。52万石の最中は黒田の殿様からいただいた瓦の模様です。

DSCF4337.jpg修復済みの多門櫓

DSC_2252.jpg左から古い順

DSCF4332.jpg左は焼く前の丸瓦


DSCF4348.jpg

DSCF4349.jpg

DSCF4350.jpg今宿瓦

DSCF4345.jpg梁の黒いところは補修あと

DSCF4389.jpg左S48年修復・右はH29年

DSCF4391.jpg

DSCF4401.jpg白アリ被害

DSCF4365.jpg


DSCF4325.jpg

DSCF4320.jpg護国神社

DSCF4318.jpg七五三






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。